ブログ

パンプスタイプを履きこなす

期間限定販売中のパンプスタイプのMBTについてです。
難易度は高いパンプスタイプ、ビジネスシーンなどで颯爽と歩けたらカッコいいですよね。
上手に履きこなすポイントをお伝えしたいと思います。言葉での説明よりも動画がわかりやすいかと思い、動画を撮りました。下の2つ、よ~く見比べてください。

good

恵比寿コアさん(@mbt_coregallery)がシェアした投稿 –

bad

恵比寿コアさん(@mbt_coregallery)がシェアした投稿 –

上半身まで映せなかったので、補足も兼ねて解説します。

1本目の動画(GOODの例)
・中足部のバランスエリアを中心に活動的なローリングが出来ています。
・重心が高い位置で保たれ、上下動が少なくなっています。
・着地した足に上体が乗り込んでいます。

2本目の動画(BADの例)
・足首を返す動き(いわゆるあおり動作)によるローリングを行っています。
・あおり動作を行うことにより、重心が上下にぶれ、膝も曲がりやすくなっています。
・着地した足よりも後方に上体が置いていかれています。
・足が地面から離れる際、かかとが抜けるのがよくわかります。歩幅は狭く、乏しい歩行に。

いかがでしょうか?
どちらの動画も同じ製品、同じサイズを履いていて、歩き方によってこれだけ違いが出ます。
正しいローリング動作を身につけるためにあるのが、MBTの基本エクササイズ「イントロセッション」です!
シーソー運動で身体を前後に揺らしていませんか?シーソー運動では上下に動くのが正解です。上体が上に伸びる感覚がわかると、足先の無駄な力が抜けてスムーズな歩行になるはずです。
なんだったっけ?と思われた方は、MBTベーシッククラスでイントロセッションの復習ができます。ぜひご活用ください。

参考までに、モデルはMBT HARPER W BLACKのEU38サイズを履いています。かかとのすっぽ抜け感がわかりやすいようストッキングで着用。普段ドレスシューズのサイズはEU39のところ、1サイズ落とした形です。甲の開きが大きいため、1サイズダウンはやむを得ず。※どの程度サイズを下げて良いかは、人によって異なります。サイズを下げずに履ける超優秀な方も稀にいらっしゃいます。フィッティングの際に確認していきます。

動画はInstagramに上げた際に横幅がカットされてしまい、少しわかりにくくなってしまいました。もう少し勉強せねば。
Facebookにはフルバージョンを上げています。よろしければFBでもご覧ください。恵比寿コア公式Facebookページ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る