Blog

エンボス加工のレザースニーカー、MBT FUMA

少しだけ暑さが和らいだ感じですね。ブーツはいつからですか?なんてお問い合わせもいただくようになりました。(ブーツは9月初旬からの販売を予定しています)
アッパーがオールレザーのMBTスニーカーを久しぶりにご紹介します。レザースニーカーはきちんと感が出ますし、秋冬のファッションに合わせやすいアイテムです。

商品情報

<メンズ>
■ FUMA M BLACK
<レディース>
■ FUMA W WHITE
■ FUMA W NOMAD
■ FUMA W BLACK
各¥24,200
アッパー:レザー(スムースレザーと一部スエードレザー)

商品画像

画像でおわかりいただけるように、目を引くのが編み込み風のエンボス加工!
きれいめなカジュアルスタイルのアクセントに最適です。
デザインはどこかで見たことがあるような・・・と思ったら、MBT 1997 CLASSICと同じでした。サイドのロゴはありません。

左:MBT 1997 CLASSIC W DARK GREY  右:FUMA W BLACK

素材使いが違うだけで、こんなに雰囲気が変わるんですね。

機能・特徴

木型やアッパーのつくりは、MBT 1997 CLASSICと同様ですので、先日の投稿などを参考にしてみてください。
前後、左右方向への不安定さを感じるソールです。
FUMAはメッシュを使用せず全体がレザーで構成され、少しだけ足を入れた感じが硬めだと思います。足趾が十分に動かせる適正なサイズを選んでください。タイトなサイズを選んでしまうと、趾があたったり、履いているうちに圧迫感を感じたりする場合があります。革だから伸びるだろう、という前提でのサイズ選びはおすすめしません。伸びる=靴の形が崩れる、だと考えて良いです。

Q:ウォーキングには使えますか?

オールレザーのMBTについて「ウォーキングに使えますか?」というご質問がよくあります。
ウォーキングにも使っていただけます。
でも、どちかといえばウォーキング用にはメッシュタイプ、またはメッシュ+一部レザーのタイプをお求めいただくことが多いです。その理由として、オールレザーのスニーカーは下記のような特徴が挙げられます。
・足になじむまでに少々時間がかかる(最初、くるぶしやかかとに干渉することがある)
・外反母趾がある場合、その部分があたって苦痛になることがある。
・水洗いは出来ず、レザー専用のクリーナーで汚れを落とす。
・すごく汚れてしまうと汚れが落ちにくくなる。
・足、歩き方のクセによっては、履きジワや変形が目立つ。

後半にあげた点を考えれば、ウォーキングに使うと「勿体ないかな~」と思うところはあります。(丁寧な方なら大丈夫です笑)
あとは総合的な判断です。ウォーキング専用とせずに、普段のお出かけや通勤にも幅広く使っていただけるレザーシューズは、とてもコスパの高い1足と考えることができます。

歴代モデルの中で、NAFASIや1997 CLASSIC LEATHERのように、大ヒットしたレザースニーカーがありました。そのあたりのファンだった方にもおすすめしたいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
この投稿を印刷する この投稿を印刷する