ブログ

ロコムーブ実践セミナーのレポート

先週と今週の2回、(株)ロコムーブ様との共催で「ロコムーブ実践セミナー」を開催しました。
ご参加くださった皆様、そして講師の中嶋さん、どうもありがとうございました!

2015年にも開催し、定期的に開催したいと思いつつ、それから3年が経ちました。
ロコムーブとは何か・・・は前の記事(こちらこちら)にも書いたので、今日はセミナーの内容をざっと振り返りますね。

動作の実践の前に、座学がありました。ただの体操のように動きを覚えるよりも、どの筋肉がどう動くのかを理解した上でロコムーブを行ったほうが効果的だからです。
ロコムーブは身体のどの部分に働きかけるか、広背筋がなぜ重要なのか、相反神経支配のお話、肩こりや腰痛の起こるメカニズム、などなど盛りだくさんの内容。そして後半、歩行の際に広背筋がどんな動きをして、どんな役割を果たすのか、も動画を使って教えていただきました。←ここ、個人的には、ぼんやりとわかっていたつもりの動きでしたが、解剖学的にこういうことだったんだ!と納得&感動したところです。

3つの動き<フェニックス、カンガルー、チーター>も、ポイントをじっくり説明していただきました。実際やってみてどうだったでしょうか?
伸びましたね。あちこちが。
僧帽筋やハムストリング単体に対してのストレッチとは、全く違ったのではないでしょうか?
広背筋を活動させることでの、重心の高さの変化、感じられたでしょうか?

ここでお客様からの感想をいくつかご紹介しますね。

本を読んでロコムーブ毎日していました。
モモ裏が伸びる様になって、徒歩通勤のタイムが縮んだり、ヨガがしやすい実感がありました。直接細かい事も教えてもらえて、資料も見ながらで、とても勉強になりました。
今日から細かい部分に意識を向けてロコムーバーします。(40代、女性)

手の向きやひざの角度など映像を使いわかりやすくてよかったです。時間がかからず日々の生活にとりいれやすいところもよかったです。自分が上手くポーズをとれているか鏡があるとさらによかったです。
先生の姿勢がよくてびっくりしました。

簡単な動きで体が気持ちよく伸びるのがおもしろかったです。(収縮する筋肉と*)相反して筋肉が伸びるという話が驚きで、どうしてロコムーブが効果があるのかがわかっておもしろかったです。
個人でみてもらって動きの修正をしてもらいたくなりました。
とりあえず1ヶ月続けてみようと思います。(30代、女性)
*部分はこちらで加筆

セミナー終了後に店に寄ってくださったあるお客様から、
「山田さーん、難しかった!中嶋先生の身体がスゴすぎて、あんな風に動ける気がしない!第一もともとのスタイルが違いすぎるよ~(笑)」
と言われました。
これは想定外の感想・・・
私からのアドバイスは、
「出来てないことにフォーカスしないほうがいいw
むしろ中嶋さんになったつもりでロコムーブしたほうが効果が出る!」
(たぶん!)です。
視覚からの情報はけっこう重要で、美しい動作をみて、自分の動きを同調させていくつもりで良いのではないでしょうか。セミナーでは、動画やDVDと違ってさらに立体的に情報がインプットできるのが嬉しいですね。諦めずに続けましょう~

中嶋さんからのお話にもあった通り、いきなり完璧にマスター出来なくても、皆さん、まずは1ヶ月続けてみてください。
1ヶ月続けると、身体が気持ちよさを覚えます。やらずにいることに違和感が出てくるものです。私ははっきりとそれを感じました。
当店に来た時に練習してもらってもいいですよ。私は細かな指導まではできないですが、動画を撮影したり、特大140°分度器でひざの角度を測って差し上げたりはできます笑。
また、アンケートで続編のリクエストをたくさんいただきました。動きを復習したり、ステップアップできるようなセミナーを企画しますね。
ロコムーブは一見簡単な動作ですが、知れば知るほど緻密だなぁ、という印象です。まだまだ学びたいことがたくさんあります。
人数に対して会場が少し狭くなりご不便をおかけいたしました。広々と歩いて、身体の変わり具合を確認できるのが一番なので、次回セミナー開催の際は考慮いたします。

本当にありがとうございました!

【ごあんない】
個別に指導を受けたい方は、中嶋さんのスタジオでパーソナルトレーニングが受けられます。ロコムーブ公式サイトをご覧ください。

【おまけ】
セミナーの中で、スライドで私が以前ロコムーブについて書いたブログを紹介していただいてました。
「ちゃんと読んでみたい」とのお声がありましたので、下にリンクを貼っておきます。少し古い記事で恥ずかしいのですが。
2014.08.07の記事 動ける身体を手に入れる?
2014.12.18の記事 ロコムーブその後

テンパっていて、皆さまとゆっくりお話する余裕がなくてすみません!
すごく久しぶりにお会い出来た方もいて、とにかく嬉しかったです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る