Blog

足首・かかとの安定感が最高なソックス。OFR-01

新しくチューブソックス(先の丸い靴下)の取り扱いを始めます。
当店ではこれまで主に5本指靴下をお勧めしてきました。今回なぜこのソックスなのか…。履いてみたら5本指とは違った良さを実感したからです!
わかりやすく言うと「スポーツソックス」ですね。運動機能を最大限に高めてくれて、ケガの予防にも役立ちます。スポーツシーン以外の日常生活でもぜひ履いてください。

商品情報

OFR-01 ¥2,500(税込)
カラー:ブラック、ホワイト
サイズ展開:SSサイズ 19~21cm、Sサイズ 22~24cm、Mサイズ 25~27cm、Lサイズ 27~29cm
※男性用・女性用の区別はありません。cmサイズでお選びください。
素材: 綿38.2% アクリル38.2% ナイロン10.0% ポリエステル8.2% ポリウレタン5.4%
生産国:日本

オプティマイズファクトリーが手がける、足のテーピング機能を持つソックスです。
商品名の[OFR-01]とは、Optimized Factory Revolution type01 の意味。履き口に入ったOFR-01のロゴが、ファッション性を高めています。内側にはサイズとR/Lの表記があります。(左と右で編み方が区別されたソックスです)

特徴

【特徴】
・テーピング機能(内側・外側・横の3つのアーチへアプローチ)によるバランス力の向上
・距骨の安定(捻挫防止効果)
・踵骨の安定化(回内足の予防、踵の脂肪体のクッション作用の向上、衝撃吸収力の向上、疲労軽減効果、距骨下関節の安定化)
・足関節背屈制限の予防効果
・ランジ動作によるKnee inの抑制(ACL負傷の予防効果)
・膝痛・腰痛への予防効果
・高齢者の転倒予防
・抗菌効果

足首の安定化、3つのアーチアプローチにより、競技中のパフォーマンスアップはもちろんの事、足指のトレーニングツール、リカバリーとして使用できます!

補足します

まず、上の特徴は難しい言葉なので、図でも補足させてください。
「足の3つのアーチ」って聞いたことがある方は多いと思います。足部のアーチがあることで、 歩行時や運動時に地面からの衝撃を吸収できますし、身体が大きく揺れたりしないようになっています。ですが、現代人で足の理想的なアーチを保持できている人は稀です。それ故に膝の痛み、腰痛、足底筋膜炎などのトラブルを抱える人が多くいます。また、加齢とともに転倒や歩行障害も起きやすくなります。
※土踏まずがあるだけではダメで、立つ歩くといった動きの中で3つのアーチをしっかりと機能させられていることが大事です。

前からみた足のイメージ

後ろからみた足のイメージ

アーチが崩れる原因はいろいろとあり複合的です。
趾(あしゆび)が使えていない、足に合わない履き物、よくない重心位置で繰り返し運動を行なった結果、等が考えられます。
外反母趾などと違って、かかとの骨が倒れていても本人が気づいているケースは少ないですね。でも、踵骨や距骨のポジション、実はものすごく大事です。
足の正常なアーチと機能を取り戻すには、トレーニングをすることなんですが、継続がなかなか難しいわけです。ソックスがサポートしてくれるなら、力を借りない手はない!と思います。

スタッフが履いた感想

私(山田)の履いた感想。
どちらかというと足首の強さには自信があるのですが、それでもOFR-01を履いて歩くと、足首がすごく安定します!!たぶん目に見えないレベルでのブレが抑えられているのかな。重心移動がとてもスムーズにいきます。
一番違いを感じたのは、ランニングの時。めちゃくちゃ走りやすいです。ランニングソックスジプシーで、これまでいろいろ試してきました。その中で断トツのベスト!というか、もうこれ以外では走りたくないな…とさえ思っています。生地もしっかりしているので長持ちしそうなのがうれしいです。

市島の履いた感想は、やはり「足首が安定して歩きやすい」「足が疲れにくく、むくみも軽減される」「5本指と違って、脱ぎ履きがしやすいのがイイ!」です。

私たち2人は、足のタイプがだいぶ違うのですが、二人ともこのソックスに関しては同じ心地よさを感じています。CSソックスは趾(あしゆび)に強力に働きかけますが、OFR-01は趾が使いやすいこと以上に、かかと、足首の安定感をハッキリ感じます。個人的には、足首が硬い方、ヒール靴の影響でかかとが浮き上がったまま固まっているようなタイプの方には特に良いのでは?と感じています。(つま先を上げる動きに制限がかかっている方です。足首をグネりやすい、捻挫しやすい方もおそらく該当します)

各サイズのサンプルもご用意していますので、店頭で履き心地もみていただけます。ぜひお試しください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
この投稿を印刷する この投稿を印刷する