Blog

ヘアケアの必須アイテム、タングルティーザー

健康&美容グッズに新商品が入荷しました!
イギリスのヘアケアブラシ、タングルティーザーです。
このブランドの製品をご存じの方、すでにお使いの方もいるかもしれません。多数の種類が発売されているタングルティーザーの中から、コアギャラリー目線で選んだ3アイテムを取り扱いします。
ギフトにも最適です。ザ・オリジナル ミニのみ入荷が遅れ、来年の1月を予定しています。

ザ・ウェットディタングラー ¥2,000(税抜)
さあ、はじめよう“濡れ髪ブラッシング”
「濡れ髪をとかす=髪が傷む」という常識を覆す、濡れ髪専用のヘアケアブラシ。絡まりやすく傷みやすい濡れた髪の間をするりと通り、無理な力をかけることなく、毛先までやさしく解きほぐします。
長短交互に配列されたブラシ構造により、濡れ髪をスムーズに解きほぐします。
<濡れた髪用>

ザ・アルティメット ¥2,750(税抜)
究極の仕上げブラシが誕生。
ブロー後の髪にサッとブラシを通すだけで、見違えるようなツヤとまとまりを与えてくれるフィニッシングブラシ。仕上げ時だけでなく、スタイリング時のまとめ髪も美しく整えてくれる万能ブラシです。
<乾いた髪用>

ザ・オリジナル ミニ ¥1,400(税抜)※2021年1月入荷予定
タングルティーザーは、柔軟性に優れた素材で髪を傷めません。長短交互の2段配列のブラシにより、もつれ解消とツヤ出しのダブルケアが可能です。
髪に負担をかけずにとかせ、美しい仕上がりに。
タングルティーザーの人気アイテム「ザ・オリジナル」がグッと小さくなった(長辺約10cm)ミニサイズです。手に取りやすいサイズと気の張らない価格で、より気軽にヘアケアを楽しめます。タングルティーザーを初めてお使いになる方や、お試しに最適です。
<濡れた髪・乾いた髪両用>

頭皮への刺激が気持ちよく、ブラッシングの時間が楽しくなります。
私のお気に入りは「ザ・ウェットディタングラー」です。
シャンプー後にタオルドライして、その後・・・皆さんはどんなブラシで髪を梳かしていますか?このステップが実は重要だと気づきました!
濡れ髪を安心して梳かせるブラシが見つからず、適当にくるくるドライヤーのブラシなどで梳かしちゃってる人、いませんか?私はやってました。
「ザ・ウェットディタングラー」を使うようになったら、そのあとのブローが嘘みたいに楽になりました。うねりがなくなって、ハンドブローだけで良い感じに髪がまとまるのです。根本が立ち上がる!
冬になると毛先が乾燥して、小さいおじさんが髪の毛を結んでしまう(ってわかりますか?)ことがよくありましたが、まったく髪の毛は絡まなくなりました。
さらに仕上げでツヤを出したい場合は、「ザ・アルティメット」をお使いください。髪のためだけでなく、頭が疲れてすっきりしたい時にも使って欲しいです。なんともいえぬ気持ち良さです。
最近は、ジェルやワックスで束感を作って、あえて仕上げにブラシを入れない自然でラフなスタイルが主流ですね。そいういった場合は、ウェットディタングラー1本あれば十分です。
タングルティーザーで有名なのはザ・オリジナルという手のひらにおさまるタイプだと思います。個人的には持ち手のあるほうがとかしやすいと思いました。かさばりますけどね。ただ、ザ・オリジナルは濡れ髪にも乾いた髪にも使える点が便利なので、携帯に便利なミニサイズを取り扱う予定です。こちらのみ1月の入荷になります。

もちろん、髪の毛や頭皮の状態を改善するには、シャンプーそのものがとても大事です。と同時に、ブラシも結構侮れない存在です。
手に持った心地よさ、頭皮のマッサージ効果を実感してください。
洗面所においておくだけで気分があがるようなスタイリッシュなカラーを選びました。
店頭で各アイテムお試しいただけます。(テスターはご使用いただくたびに消毒しております)ぜひお試しください~

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
この投稿を印刷する この投稿を印刷する