Blog

どちらを選ぶ?KISUMU CLASSICと3S

お待たせしました。サンダル「キズム」が入荷!今年は3Sも加わりました。

今年もサンダルの季節がやってきます。
MBTの顔ともいえる代表的なモデル「KISUMU/キズム」が入荷しました。
毎年定番で展開している「KISUMU CLASSIC」に加え、今シーズンは、久しぶりに「KISUMU 3S」が登場。この2アイテムを同時に販売するのは初めてかもしれません。(今まではCLASSICが途切れている時に3Sが代打で販売する形でした)これは迷いますね。両者の違いを下に説明しています。ご覧ください。
注目のアイテムは真っ白のスムースレザーアッパーが目をひくKISUMU 3S W WHITEです。※ホワイトはレディースのみ。男性の皆様、今年もごめんなさい…

※2021年4月からの総額表示義務化にともない、ウェブサイトの価格を10%税込み価格での表示に統一してまいります。

KISUMU CLASSIC/キズム クラシック

<メンズ>
■KISUMU CLASSIC M BLACK NUBUCK ¥27,500(税込)
サイズ:EU40~44(25.0~27.7cm)
<レディース>
■KISUMU CLASSIC W BLACK NUBUCK ¥27,500(税込)
サイズ:EU35~40(21.7~25.0cm)
アッパー素材:ヌバックレザー
ライニング素材:ネオプレン
フットベッド素材:マイクロファイバー

KISUMU 3S/キズム スリーエス

<メンズ>
■KISUMU 3S M BLACK ¥27,500(税込)
サイズ:EU40~44(25.0~27.7cm)
<レディース>
■KISUMU 3S W BLACK ¥27,500(税込)
■KISUMU 3S W WHITE ¥27,500(税込)
サイズ:EU36~40(22.3~25.0cm)
アッパー素材:スムースレザー(ブラックのみシボ加工あり)
ライニング素材:マイクロファイバー
フットベッド素材:マイクロファイバー

CLASSICと3Sの違い

①アッパー素材は、CLASSICがヌバックレザー(表革をバフがけして起毛させたレザーです)、3Sがスムースレザーになります。 3Sのブラックはシボ加工があり、ホワイトはシボ加工なしです。
②ベルトおよびライニングのデザインが少し異なります。
3Sのほうがややすっきりしているでしょうか。
ライニングとはアッパーの肌にあたる側の部分です。CLASSICはネオプレン、3Sはマイクロファイバーです。
ネオプレン素材は、ウェットスーツなどに使われる柔らかいクッション性のある生地です。肌あたりがとてもソフトです。
3Sのほうが、まれにかかとのベルトが少しあたるのを気にされる方がいます。つま先に荷重しやすい方、気がつくとふくらはぎに力が入ってしまう方、どの靴でもかかとが靴擦れしやすい方は、CLASSICのほうが靴擦れの心配が少ないです。

③趾つけ根付近 ベルトの構造
これが一番のポイントでしょうか。もともとあまりきつく締める所ではありませんが、「きつ過ぎ」「ぶかぶか過ぎ」にならない方が良いと思います。
CLASSICはネオプレンがつながっています。3Sは全開できます。極端に足幅が広いまたは狭い場合、3Sのほうが見栄えよく履ける気がします。ただ、包まれ感はCLASSICのほうがあるため、どちらかといえばCLASSICのフィット感を好まれる方が多いようです。
私は幅の広い開張足で、3Sのほうが小趾にストレスがかからず好きですね。

と、いろいろ書いたものの、履き心地は大差ありません。アッパーやライニングの素材が違うので、足を入れた瞬間は確かに違いますが、履き続けるとよくわからなくなってくる程度の差です。 このあたりは、見た目も含めお好みです。ぜひ履き比べてみてください。

上記に書いた以外のサイズもご用意できる場合がございます。お問い合わせくださいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
この投稿を印刷する この投稿を印刷する