Blog

街履きできるランニングモデル、MBT GADI

ランニングシリーズの薄型軽量モデルで、街にもなじむシンプルなスタイルの靴が欲しい!とご要望をいただくことがありました。そんなお声にこたえる新商品です。
確かにランニングモデルの軽さと歩きやすさはクセになりますね。私も大好きです。ほぼフラットなソールですので、旅行などの歩き回りにもとても便利です。

商品情報

<メンズ>
■ GADI LACE UP M BLACK
■ GADI LACE UP M WHEAT
<レディース>
■ GADI LACE UP W BLACK
■ GADI LACE UP W WHEAT
アッパー素材:メッシュ
価格:13,200円(税込)

商品画像

特徴、こんな方に

見た目は汎用性の高いタウンシューズといった感じですが、カテゴリーとしてはランニングモデルに入っています。
ソールはランニングモデルの中でも最も薄いFAST TYPEです。
片足重量233g!(レディース24.5cmで計測)
ミッドフット着地を体感しやすく、普段履きからジョグ、コンディショニングなど幅広い用途に向きます。柔らかさと軽さに特化し、ミッドフット着地に不慣れな方の導入にも最適です。
MBTセンサー(かかと下の柔らかなクッション部分)はありません。立つ、歩くといった動作で姿勢改善や高い運動効果をお求めの方は、MBTセンサー有りのモデルを選んでいただいた上で、歩行レクチャーをお受けいただくことをおすすめします。
MBTが初めての方には、ランニングモデルの普段履きはおすすめしていません。ダメではないのですが、限りなく普通の靴に近くて「これがMBTかぁ、ふーん」となりそうなので。
MBTを履きこなせていて、高い重心位置でバランスよく歩くことが出来ている方には、お勧めの1足です。最高に気持ち良く歩けます。強すぎるヒールストライク(かかと着地)で歩くと、あまり気持ち良さを実感できないはずです。

画像でお分かりいただけるように、かかとがたためる造りになっています。
コンパクトに持ち運べます。
ちょっとそこまで履きたい時などはかかとを踏んだ状態で履けます。ただ、ウォーキングやランニングの時はきちんとかかとに足を収めて履いてください。万が一脱げると危ないのと、かかとが開いていると、どうしても足に不自然な力が入ることがあります。せいぜいゴミ出しに行く時に、かかとを踏んでつっかけていく・・・というイメージでしょうか。

何よりデザインが可愛いと思います。
スポーティというよりは、カジュアルな見た目です。今のところウィート(ベージュ系)の色が人気です。
真っ白と違って汚れも目立ちにくいです。さらに水洗いもできます。

ランニングに

と、街履き前提の話ばかりになってしまいましたが💦
もちろん走ってもOKです。ぜひ走ってください。
ランニングでよく起こる問題として「膝が痛くなる」「足の裏やアキレス腱が痛くなる」といった事があります。
アスファルトは硬いですからね。着地衝撃の部分を考えると、自分の足や身体が衝撃吸収の機能をもっていますし、ある程度シューズも衝撃吸収の役割を担います。足をしっかり使わせつつ、シューズで足を保護する、このバランスがランニング初心者にも程良いモデルと言えます。

おまけ

シューレースにもギミックがあります。

シューレース自体がリフレクト素材となっています。
夜間のウォーキング、ランニングにも配慮されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
この投稿を印刷する この投稿を印刷する