Blog

ソールがアニマル柄のMBT KISUMU CLASSIC

今シーズンの目玉のひとつ、ソールがアニマル柄のKISUMU CLASSICです。変わり種なので入荷数は多くありません。全国キズムファンの方、お見逃しのないようにお願いします!

商品情報

■ KISUMU CLASSIC MNYAMA W BLACK ¥27,500(税込)
■ KISUMU CLASSIC MNYAMA W TAUPE ¥27,500(税込)
サイズ展開:EU35~40(21.7~25.0cm)
アッパー素材:レザー(牛革)、ネオプレン
フットベッド素材:マイクロファイバー

※キズム クラシック ンニャマと読みます。

商品画像

↓ ブラック・・・アッパーはブラックのスムースレザー、ソールはブラック×ホワイトのゼブラ柄です。

↓トープ・・・アッパーはトープのスムースレザー、ソールはブラック×ホワイトのスネーク柄です。
当店おすすめカラーです。落ち着いたくすみ系ベージュが派手さを中和して大人っぽい雰囲気に。

バックルで脱ぎ履きできます。片手がふさがっている時は、もう一方の片手でもギリギリいけます。

特徴

アッパーの素材とソールの柄以外は、KISUMU CLASSIC(定番の無地タイプ)と同じになります。履いた感触は同じと思ってください。
※KISUMUと名の付くサンダルで「KISUMU 3S」という商品が発売される年もありますが、「KISUMU 3S」と「KISUMU CLASSIC」はアッパーのデザインや細かな仕様が異なります。ネオプレンの有無で見分けてください。ちなみに今年はKISUMU 3Sは出ていません。
KISUMU CLASSICはその名の通りクラシックなサンダルモデルです。マイナーチェンジは何度かありましたが、基本ずーっと昔からこの形です
足首前、かかと、趾の付け根と3ヶ所のベルトで足に合わせてアジャストできます。肌にあたるところがネオプレン素材になっていて、抜群のフィット感!裸足で履いてもソフトにホールドされる感触が気持ち良いです。靴擦れや前滑りの心配はKISUMU CLASSICではまず不要です。
ソール形状もクラシックなタイプで、カーブはしっかり感じられます。横方向の揺れはほぼないのですが、アウトソールが若干硬めなこともあり、不安定さは強めに感じるかもしれません。

どんな方におすすめか

良くも悪くも独特なフォルムです。
この個性を生かして楽しめる方にぜひ履いて欲しいです。ファッション関係者はじめお洒落な方にKISUMUをよく選んでいただく理由は、このクセの強さにある思います。
素足で履くもよし、靴下を合わせるもよし、いろんな履き方が可能です。
最近はゴツめの足元が流行りなので、1周回ってKISUMU CLASSICがごくノーマルなサンダルにも見えてきますが。
流行り廃りがないということは確かです。

サンダルでしっかりトレーニングしたい方には◎。
つま先の解放感があって、脱ぎ履きも楽なので社内履きや室内履きとしても便利です。
足幅や体格ががっしりしている方は、ソールの幅が細く華奢なサンダルより、頑丈なKISUMUのほうが安心感があると思います。逆に足幅の細い方でも、ベルトの調節幅が大きいため、快適なフィット感が得られます。
外反母趾の方にも履いていただけます。ただ、足のアーチ構造を取り戻すには、甲の広い範囲を靴紐で締められるシューズタイプのほうがベストな場合が多いです。
足の状態に加え、どういった目的で履くか、により選ぶべきモデルが変わってくると思います。ご来店いただいた際には、足の形・姿勢・歩容などお身体の状態をふまえて、アドバイスいたします。
ありがたいことにKISUMU CLASSICは指名買いの方が多いです。でも、中にはKISUMUを買うつもり満々でいらしたのに、説明を聞いて他のモデルも試した結果「今の私にはスニーカーのほうが良いかも…」となって、シューズタイプに変更される方もいます。
お時間が許すようでしたら、その日に買うつもりのないモデルもいくつか試してみてください。特にMBTが初めての方は、できれば数種類試し履きされることをおすすめします。

着用画像

カジュアルなスタイルによく合います。
スポーティなスタイルとの相性も大変良いです。最近流行りのアスレジャースタイルですね。
エクササイズウェア+キズムは、かえってスニーカーを合わせるよりも抜けがあってgoodだと思いますよー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2022年 5月 29日
ページ上部へ戻る
この投稿を印刷する この投稿を印刷する