Blog

【動画】「靴をきちんと履くことがなぜ大事か」についてお話しました

メインのPCが壊れ、修理に出したりなんだり、この1ヶ月ほどブログや動画編集などの仕事がまともに進まなくなっておりました。増え続けるデータの整理を「いつかやろう、いつかやろう」と後回しにしていたツケなのですが。
ようやくMicrosoft365の導入を決心して、なんとかペースを取り戻してきました。
というわけで、久しぶりの動画をUPしました。

動画でお話ししましたとおり、足首をしっかり安定させるために、靴紐は必ず履くたびにしっかり締め、脱ぐときは十分にゆるめるように、習慣化してください!
履き方がトレーニング効果に直結します。

試し履きの時に、よく、片足だけちゃんとした履き方で紐を締める実演をします(片足だけ足の姿勢を作って、紐を締めるまでを私のほうで行う)。歩いてもらうと、「あれ、右と左が全然違う靴みたい!」となります。敏感な方でなくても、ほぼ100%の確率で違いを感じていただけます。もちろん、ちゃんとした履き方のほうが快適です。それに姿勢もきれいに伸びてきます。

長期的に見ても、丁寧に履くことが大事です。
クッションのある靴は、どうしても「つぶれ」が付き物です。アッパーも歪んできます。適当な履き方だと、つぶれやゆがみが極端に早く出ます。
あまりに変形が進んだシューズは、もはや身体を悪くしてしまう道具にもなります。ご注意いただきたい点です。
履き方をマスターするまでは、何度でも聞いてください。1回、2回で覚える方のほうが少ないですので、遠慮せずに「ちゃんと履けてますか?」と確認していただいて結構です。聞かれる前に、「履き方もう一回やりましょうか」って言いますけど(笑)。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
この投稿を印刷する この投稿を印刷する