Blog

MBT KISUMU CLASSICで夏を快適に

MBTの定番サンダルKISUMU CLASSIC(キズムクラシック)今年も好評販売中です。
今日は今年初の真夏日、サンダルをお探しの方が目立ちました。いま一度キズムの特徴と人気の理由をご紹介します。

商品情報

<メンズ>
■ KISUMU CLASSIC M BLACK NUBUCK
<レディース>
■ KISUMU CLASSIC W BLACK NUBUCK
■ KISUMU CLASSIC W WHITE NUBUCK
価格:27,500円(税込)

レディースの2022SSアイテムでソールに柄の入ったKISUMU CLASSIC MNYAMA(ンニャマ)W TAUPE、BLACKもわずかですが在庫ございます。

商品画像

特徴

調節が自在なベルクロストラップで、スニーカー並みのフィット感を得られる快適なサンダルです。
アッパーはマットな質感のヌバックレザー、肌にあたる部分はネオプレン素材を使用しています。このネオプレンのおかげで、レザーが直接肌にあたることがなく、ソフトな足あたりになっています。サイズ選びを間違えなければ、キズムクラシックで靴擦れを起こす可能性は限りなくゼロに近いです。

MBTインデックス(不安定さを示す指標)というものがあります。インデックス状はLEVEL2となっており、LEVEL3の製品と比べると、左右方向への不安定さが抑えられています。しかし、前後方向へのカーブはかなり強く感じるのが特徴です。アウトソールが固めなことも関係しているかと思います。多くの方から「MBTらしい履き心地」と支持されています。
このMBTインデックスについては、お客様から質問がよくあるので触れておきました。不安定さ=高いトレーニング効果とは言えないため、LEVELいくつ…とかはあまり気にせず実際に履いた感触の良さで選んでもらえたらと思っています。

上はソール部分をZURIと比較した画像です。キズムのほうがソールの幅が広めです。足首が弱い方、お身体が大きな方が履いても安定感が得られやすいです。
※逆にZURI Wのようなベルトが華奢でソールの幅の狭いサンダルは、足首が弱い方にはあまりおすすめしていません。エクササイズを受けて、足首の安定化をはかってから履くと良いです。
足首が弱い方というのは、例えばMBTを履いて歩くと足首や膝がぶれる方などです。ご自分だと判断が難しいかと思うので、MBTトレーナーのフィッティング、アドバイスを受けてください。

ベルクロストラップが3ヶ所にあります。
①足首前
②かかと
③趾の付け根
のそれぞれが調節可能です。
主に①②をしっかり締めて履きます。③趾の付け根部分は、あまり強く締め過ぎないようにしてください。
サイズ選びや履き方は動画のほうがわかりやすいと思うので、作っているところです。

肉付きや骨の太さによる足のボリューム、かかとの大きさ、関節の可動域など、人ぞれぞれ足の個性があります。そうした足のタイプを問わず快適に履けるのがキズムです。
※とはいえ、合わなかった方もごく少数いらっしゃいます。極端に足が細い(正確には中足部の足囲が極端に小さい)方でした。

コロンとした独特のフォルムもまた人気の理由です。
アウトドア、スポーティ、カジュアルと幅広いファッションに合わせられますね。こんなテイストのサンダルが近年流行っていますし、コーディネイトに困ることは少ないのではないでしょうか。
サンダル自体のボリュームがかなりあり、ゴツさは目立ちます。ゴツさを生かしたコーディネイトを楽しんでください。
フットベッドはマイクロファイバー(合成繊維)で滑りにくく、素足でもさらっとして気持ち良いです。
靴下を合わせても違和感のないデザインで、春・夏・秋とスリーシーズン活用いただけます。室内メインでしたら真冬でも履けるでしょう。
厚い靴下と素足とでは、最適なサイズが変わる場合がございます。「靴下で履く予定ですか?」などと確認するようにしています。確認を忘れることがあるかもしれないので、自己申告していただけたら有難いです!

着用画像

リラックススタイルにはもちろん、きれいめなスタイルにもOKです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
この投稿を印刷する この投稿を印刷する