ブログ

2019FW新商品入荷スタート。ランニングモデルMBT GT2

お盆が過ぎ、暑さのピークも越えたようですね。とはいえ、まだ暑い!
店頭にはMBT2019FW新商品が少しずつ入荷し始めました。
最初にご紹介するのは、久しぶりの「やや厚底ランニングモデル」です。

<メンズ>
■GT 2 M NAVY/GREEN ¥18,000(税抜)
サイズ展開:US(M)7H~11H(25.5~29.0cm)

グリーンがかったネイビーです。履いているだけで気分があがるきれいな色ですね。

<レディース>
■GT 2 W GREY/ORANGE ¥18,000(税抜)
サイズ展開:US(W)6~8(23.0~25.0cm)

トレンドカラーのオレンジレッド×グレー。

MBTのランニングモデルは、いずれもMBTセンサー(かかと下のクッション構造=かかとの沈み込みを促す)がありません。「日常の立つ・歩くをトレーニングに変える」目的のMBTとは違い、より快適に「走る」ためのシューズになります。歩くのに不向きか?というとそうでもないので、どんな方に向いているかは後で説明しますね。
MBTランニングモデルは、ソールの特徴別に3つにカテゴリー分けされています。
●FAST・・・一番薄いソール。柔らかさと軽さに特化。ミッドフッド着地を体感しやすく、普段履き、ジョグ、コンディショニングなど幅広い用途に。
●PERFORMANCE・・・2段階目の厚み。やや強めのローリング感覚が推進力につながる。競技やランニング(ジョグ~長距離ラン)のための体幹トレーニングに適したモデル。
●CUSHIONING・・・最も厚いソール。※現在取り扱いありません。

GT2はPERFORMANCE(パフォーマンス)です。やや強めのローリング感覚と謳われていますが、ローリング感を感じる方は少ないようです。接地面も広く、非常にフラットで安定したソールです。私の感想では「やや硬めのクッション感」になります。MBTに慣れていると、歩く際にこの幅広い大きなかかと(後ろの端)が少し邪魔に感じました。けれども、走る時はほとんどかかとの後ろの端は使わないので全く気になりません。例えば5kmを超えるような少し長めのジョグ、ランにはこのくらいの硬くて厚いソールが最適だと思っています。足を疲労から守ってくれるのでしょう。

一番ソールが薄いFASTのランニングモデルに比べ、ソールの耐摩耗、耐久性も高めです。

紛らわしいのですが、最近はSIMBA 3のようなMBTセンサーのあるモデルが、ランニングのカテゴリーに入っているのです。
上の「CUSHIONING」に変わり「ACTIVE」タイプと表されています。
●ACTIVE・・・クッション性と耐久性にすぐれ、ローリング感覚も強く、ラン+ウォークに適したシリーズ。
つまり従来のMBTです。MBTセンサーがあるので、さまざまなエクササイズも可能です。走ってもOKですが、コンディショニングの意味が強くなります。レース等本番向けというよりは、トレーニングに取り入れて怪我を防ぐ&全身のコンディションを整えるのに向いています。
このへんのカテゴリー分けは、シーズンごとにコロコロ変わったりするので、あまり気にしないで欲しい部分です(汗)。

さて、話をもどして今シーズンのGT2、カラーがとてもきれいです!
走る方はもちろん、走る予定はないけど履いてみたい~、という方もぜひ店頭で履き心地を確かめてください。
下記のような方には十分おすすめできます。
・あまりグラグラしない、普通の靴に近い履き心地をお求めの方。
・柔らかなクッションのMBTに慣れてきたので、違う刺激が欲しい方。足、体幹を強くしたい方。
・MBTを履いている時は歩きやすく、よい姿勢が維持しやすいが、普通の靴に戻ったとたん姿勢が崩れてしまう(疲れが激しい)。

MBTのそもそもの目的は、路面の多様性に対応できる足と身体をつくることです。MBTっぽくない履き心地のランニングモデルは、中級~上級者向けと言えますが、履く意味はおおいにあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る