- MBTウォーキングショップ恵比寿コア - https://coregallery.jp -

コミュニティサイクル

当店から歩いて2分くらいの「あいおいニッセイ同和損保ビル」の広場に、春ごろから渋谷区コミュニティサイクルのサイクルポートが出来ました。

コミュニティサイクルとは?
コミュニティサイクルとは、地域内に設置されたサイクルポートであれば、どこでも自転車をかりることができ、返却することができるシステムです。都市の新たな移動手段として、世界各国で普及が進んでおり、国内でも多くの都市で導入が始まっています。(パンフレットより)

東京都心部では、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区臨海部、品川区、大田区、渋谷区の各サービスが連携しているようです。渋谷区で借りて港区で返却、といったことができるのです。これは便利なシステム!

近所でもこの自転車を利用している人、よく見るようになりました。営業マンらしき人が多いですね。あとUber Eatsの人とか。

料金プランは1回会員、月額会員、1日パスとあります。さらに法人向けのプランも。
1回会員で、30分150円~。事前に会員登録が必要です。
SUICAなどのICカードを会員証として登録しておけば、自転車の操作パネルにICカードをかざすだけで、鍵が開いて自転車を借りられます。
こう書くといかにも簡単そうですが、会員証の登録に手間取りました。

去年まで仕事でちょくちょく表参道に行くことがありました。徒歩と電車で移動すると、恵比寿→渋谷、渋谷→表参道と1駅ずつ乗るため、近い割には30分くらい(徒歩含め)かかってしまうんです。だから急いでいる時はタクシーを頻繁に使う羽目になってました。そういう時にこそ自転車が役立ちます。
代官山方面に買い物に行くにも自転車だとあっという間です。

先日もこの自転車を借りて、取引先のある青山一丁目まで行ったのはいいんですが。。。
西麻布でバッテリーが切れて、なんか嫌な予感。電動のアシストがなくても普通に漕げるので運転していきました。
先方について施錠したら最後、開錠できなくなってしまいました(泣)
サポートに電話して、「サイクルポートじゃないところで一時駐輪しましたが、バッテリーが切れてて鍵が開きません」と説明。自転車は回収に来てくれることになり、遠回りの電車で帰りました。

サイトやパンフレットにはちゃんと書いてありましたね。
バッテリーの残量を事前に確認してから乗るように、と。
そういうの読まないからダメなんですね。これからご利用になる方は、十分お気をつけください笑。
便利ではありますが、あまり切羽つまった状況で使うものではないかもしれません。予期せぬトラブルがあった時に、結構困るなぁと思いました。
恵比寿には、駅東口の駐輪場「CYCA」やアメリカ橋公園にもサイクルポートがあります。