ブログ

オイルヒーター

今年は寒さが厳しいですね。
真冬のトリートメントルームでは、暖房の温度を高めにして電気ストーブをつけても、ボディ(全身)のお客様にはちょっと寒いかなぁ、という懸念がありました。
それにエアコンの影響で空気がどんどん乾いてしまい、加湿しても追いつきません。そこで、周りの人から勧められたオイルヒーターを購入しました。

結果は。。。
すごくいい感じに部屋が暖まる!!
壁際がスース―しない!!
もっと早く買えばよかったーーー!!!
です。

今までためらっていた理由は
「重たくて場所を取りそう。夏場どこに保管すれば?」
「電気代がかかりそう」
という点でしたが、使ってみると、この暖まり方の違いに「少々のデメリットは目をつぶってよし」と思えました。
(実際、場所も電気代も大した問題でない点は、後半検証します)

オイルヒーターの仕組みとしては、密閉された難燃性オイルを通じて電気の力で放熱するそうです。(燃料の補充や交換の手間はありません)
DeLonghiのサイトによると、次のような特徴があります。

部屋全体をムラなく暖めます。
放熱板からの放熱で、床・壁・天井、人体にも熱を伝え、さらに温められた壁や天井からも二次的な輻射熱が出るので、部屋中がおだやかな暖かさに包まれます。

温風を出さず、水分が奪われることがほとんどないため、肌の水分量もしっかりキープ。乾燥による喉の痛みもありません。
加湿器に頼らず、快適に冬を過ごせます。

ホコリを巻き上げないので空気がクリーン。

今回購入したのは、8~10畳用のタイマー付きのモデルです。
※スイッチを入れてから部屋が暖まるのに1時間程度かかるので、家庭で使う場合はタイマー必須な気がします。
今は極寒期のため、エアコンもつけたり止めたりしながら併用しています。もう少し寒さがゆるめばエアコンなしでOKかと。

オイルヒーターをつけていると、施術の時にタオルやオイル、お客様の手足の末端が微妙に暖かいのです。
今までもそれなりに暖めてはいましたが、それとは別の、陽だまりにしばらくいた時みたいな優しいポカポカ感なんです。私達施術者は暑いほどです…^^;
これまで以上に快適なトリートメントを提供できると思います。

一番寒さを感じる壁や窓のそばに設置すると効率がいいみたいですね。
ちょうど北よりの壁側に置いています。ここは今までも半分デッドスペースでしたので、そこまで場所を取る感じはしていません。キャスター付きで移動はスイスイ。製品の箱が奥行き30cm未満で、意外とスリム。この箱に入れて夏場は保管することにします。
電気代は2~3ヶ月みてみないとなんとも言えませんが、ショップ全体の電気代の中で考えればそれほど大きなUPはないような気がします。

電気代といえば、弊社は電力自由化になってすぐにLooopでんきに契約を切り替えました。
当店舗の電気は2契約あり、業務用エアコンを動かすための「動力」プランのほうは昨年の後半からようやくLooopでも販売が開始したので、2契約とも切り替え完了です。
太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギーによる発電を推進している、とても魅力あるベンチャー企業です。しかも、Looopでんきさんにしてから電気代がかなり下がりました。家庭よりも使用料が多めなこともあるのですが、2割くらい下がったのにはびっくり。うれしいおまけでした。
だから、オイルヒーターで少し電気があがるくらいは必要経費だしオッケーオッケー。(あくまでどんぶり勘定。笑)
こちら(Looopでんき)も激しくおすすめいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る