ブログ

優れたクッション性のランニングモデル、MBT GT17

これまで、MBTランニングモデルとして「SPEED17」シリーズや「レーサー18」シリーズなどのタイプを紹介してまいしました。(↓下の写真、SPEED17 531W(レッド)、SPEED17 524M(トープ))。
 
走る人にはもちろん、ウォーキング目的や気軽な街歩きのシューズとしても人気が出てきています。従来のMBTのようにMBTセンサーがMBTないので、不安定さはなく、ほぼフラットなソール構造です。

そして、隠していたわけではないのですが、ランニングモデルには実はもう少し厚いソールのタイプもあるのです。
「GT17」シリーズ。SPEEDよりも少し上級者向けと言えるかもしれません。

■GT17 584M(カラー:ブラック)←メンズ
サイズ:US(M)7H~10(25.5~28.0cm)
■GT17 593W(カラー:ブラック)←レディース
サイズ:US(W)6~8(23.0~25.0cm)

同じデザインでメンズとレディースがあります。
いずれもカタログ掲載価格は18,000円(税抜)ですが、ただいまクリアランスセールなので、さらにお求めやすい価格となっております。
この機会に新たなタイプにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

特徴を説明しますね。

トップの画像でわかるように、一見「MBTセンサー?」と思うようなソールの形状です。でも実際に履くとMBTセンサーはなく、安定感のあるソールです。立っているだけでは揺れは感じませんが、足首から下を運動させると、中足部の「ピボットアクシス」を中心にゆるやかにロッキングするソールとなっています。見た目とは裏腹に非常に軽量で走りに適したソールです。
SPEEDなどよりもソールが厚く、3ピースから成っていて、優れたクッション性があります。アッパー部分に関しても、かかと~甲を包むパッドが厚く、気持ち良く足を支えてくれます。
足を入れてみると「わー!これ気持ちいい!!」とおっしゃる方がほとんど。履いてみないとわからない良さがあります。

デザインはかなりスポーティですね。私は大好きですが。
いつもコーディネイト写真は「極力普段着で」を心がけていますが、今日はランニングスタイルで。

まあ、この履き方が一番しっくり来ます(笑)。ランニングシューズですから。


普段着のワイドパンツに合わせても、それほど違和感はありません。モノトーンの配色のせいでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る